保険相談で人生設計を見直す【保険を見直して人生再設計】

自転車にも保険

自転車運転に関しての法改正と自転車保険の重要性

insurance service

お手軽な移動手段として、 健康ブームの折、運動不足解消や通勤・通学を自転車でと 割と気楽に乗りこなすことのできる自転車。 自分には関係ないと思われがちですが、自転車保険の重要性は 増すばかりです。 誰でも気軽に乗ることができるがゆえ、自転車人口も劇的に増え、 自動車との交通事故や歩行者との事故が年々増加の一途をたどっています。 そこで国も法改正を行ない、自動車の運転により近い形での 法律を制定しました。 例えば、飲酒運転。 お酒を飲んでの自転車の運転をしてはならない。 それは酔って運転することで事故の原因となる可能性が高いからです。 また、イヤホンなどでの音楽を聴きながらの運転もしてはいけません。 回りの音が聞こえず、状況判断ができないことからの禁止事項です。 法改正に関しては、罰則規定を設けることで事前に事故を防ごうという 抑止力からくるものですが、これはそれだけ事故の件数が増えていることに 他なりません。 自分が加害者にならないために、法を守る必要がありますが、 いざという時のための自転車保険には加入すべきです。 自転車保険に加入していれば、加害者・被害者問わず、 自転車運転中に起きた事故に関して、保障されます。 また保険料も定額で済むので自転車購入時には、 自転車保険に加入しておくのをお勧めします。

簡単な加入手続きに関して

保険の加入というと、たいそう手間がかかり、 面倒な手続きが必要のように感じることがありますが、 自転車保険に関しては、面倒なことはありません。 販売店にもよるかとは思いますが、 基本的には防犯登録などと同じく、 自転車購入時に販売店の店員から説明されます。 特に難しい説明ではなく、保険適用の要件、 保障の内容などが主で、保険料も低額です。 万が一の備えとして、自転車保険に加入することは、 自分のことはもちろん、家族を始め、友人・知人、 大切な周りの人を悲しませないための安心料であると考え、 私には関係ないとか私は大丈夫などと過信せず、 加入することをお勧めします。 安心があるからこそのサイクリング生活がより充実したものとなるのです。